2月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 日曜日の恵みを思い出しましょう

 典礼の長い年間の時期は始まったばかりですが、日曜日について考えてみましょう。クリスチャンの共同体のバイタリティと生き方は、その日曜日の意味によるものです。
1)日曜日はまず復活の日になっています。毎日曜日に復活の記念によってクリスチャンは希望を頂きその希望を養います。その希望がない社会のただ中に生きるクリスチャンに復活したキリストに開かれた永遠の道が与えられています。この希望を祝わないとすぐその希望が消えてしまいます。
2)日曜日は教会の日です。日曜日に教会は自分の起源、由来、アイデンティティ、使命と運命を思い出します。日曜日にクリスチャンは一人一人違った考えをもったにもかかわらず、一緒になって一つの(同じ)信仰信条を告白し、同じ天の父に祈り、同じ糧で養われています。その集いに参加しない信者は、だんだん信仰の共同体から離れてしまいます。
3)日曜日は感謝の祭儀(ごミサ)の日です。日曜日に信者はキリストによって与えられてきた恵みと救いを感謝します。このごミサはクリスチャンの生活の聖泉と頂点です。参加しない信者や義務だけで参加するクリスチャンは、信仰を生かす経験を欠ける者です。
4)日曜日は神のみことばの日です。日曜日に信者は自分の人生を照らすみことばを皆と一緒に聴きます。平日の六日間の間に違った音声と言葉を聞きます。日曜日にみことばを聴くことができます。そのみことばに耳と心を開かない信者は、命をもたらすみことばを失う者になります。
5)日曜日は兄弟愛の日です。初代教会は復活されたキリストを記念するために毎日曜日にごミサ(感謝の祭儀)と貧しい人への施しを行いました。日曜日にはただの典礼だけでなく、連帯感も生かす日になっています。それ故その日にお互いに平和と許しを与え合い、友情を生かし、貧しい人を思い出し、そしてかれらと持ち物を分かち合い(献金)する時です。貧しい人(必要とする人)を認めない信者は日曜日を祝う意味を知りません。
6)日曜日は休みの日です。生きるのは全て仕事する事だけではありません。そう思う人は神と共に休む事が人間の運命だと知らない人です。福音を聞いていない人です。          
ヘロニモ  

TOPへ


今月の予定


一粒会献金  2月 4日(月)
今月は4日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
灰の水曜日(大斎・小斎)  2月28日(日)
 ミサ 午前7:30、10:00
※昨年頂いた枝は2月25日(日)までにお持ち下さい。
※灰の式は3月4日(日)のミサでも行います。
  洗礼志願式   3月 4日(日)
3月4日(四旬節第1主日)10時のミサで行います。

TOPへ


ご報告

  新年会報告
1月7日(日) 参加者約80名。新成人の2名の方々のお祝いと、立花、ヘロニモ両神父のお誕生祝いもあわせて行われた。

TOPへ


その他
  初聖体
 6月17日(日:キリストの聖体)10時のミサの中でこどもたちの初聖体を予定しています。初聖体はこどもたちにとって大きな恵みの時です。この恵みを子どもたちが喜びのうちに迎えることができますようご協力ください。初聖体を受けることができるのは現在小学校1年生以上で、初聖体をまだ受けていないこどもです。初聖体のための準備は日曜学校の中で行われますのでご出席ください。なお、日曜学校に参加できない人は立花神父に遠慮なくご相談ください。
  司祭異動
 東京教区の司祭異動により、当教会助任司祭ヘロニモ神父が高輪教会の主任司祭に、また、CTIC担当の川村マ司神父が当教会助任司祭に任命されました。(異動は復活祭後となります)
病人、高齢者への訪問
病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。

受洗 1名 転入 5名
転出 1名 住所・その他変更 5件
帰天 2名
詳細は、お知らせ2月号(印刷版)をご覧ください


このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号