7月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
「聖ベネディクト」

 7月11日は聖ベネディクト修道院長の記念日です。聖ベネディクト(480年頃〜560年頃)は現在の中部イタリアに生きた人で、西欧修道者の父と言われています。目黒教会はベネディクト会の修道院として始まっており、教会の守護聖人である聖アンセルモのベネディクト会の修道士でしたから、私たちとも関係がありますね。ベネディクトは若い時に、神と共にある生活を求め都会を離れ、人里離れた洞窟に隠遁生活をしました。やがてベネディクトの徳を慕う人々に乞われて、同じように孤独の内に神を求める修道士たちの共同体の霊的指導者として迎えられたそうです。私のベネディクトの生涯についての知識はほとんどかつて読んだ小中学生向きの伝記によっておりますが、その伝記によれば、そこの修道士たちはそれぞれ各自のやり方やその時の気分で祈りや黙想をしていて、ベネディクトが指導者となり、皆が従うべき一日の時間割りを決め共同生活をするようにしたところ、そうした決まりに反発する人々がでて、ついにはベネディクトを毒殺しようとしたそうです。子供向けの伝記ですからことの成り行きを非常に単純化していることは否めませんが、この出来事には、自分のやり方で生きる自由と外部の規範あるいは共通の規則に従うことの葛藤がよく表れていると思います。ベネディクトは一人で隠遁生活をしている間に、自分を中心に置きたいという願望、肉欲、怒りと復讐への誘惑と闘い乗り越えたとされています。自分をすべてのものの上に置こうとすれば、自分の肉体的、精神的な傾きに支配されてしまうことを、身をもって体験したからこそ、信仰生活においてもその時の気分や望みに従うだけではなく、自分の外に一定の決まりを持つことを重視したのだと思います。これは規則を守ることを信仰生活と同一視するということではありません。内面での自由な神とのつながりを、外からの決まりが守ってくれるという関係です。この関係は祈りについても言えるでしょう。私たちは祈りの中で神様に対してどんなことを話してもよい。自分の心を隠す必要はなく、恨みでも愚痴でも不平でも個人的願いでも語ってよい、いやむしろ語るべきでしょう。神様の前にかっこつけることの方がよくないし、神様から見ればすべてお見通しです。しかしその祈りだけでは、自分の狭い世界の中に閉じこもってしまう危険があります。神様に話しているようでいつの間にか祈りの形式をもった独り言になってしまう危険です。そこでイエスがこう祈れと教えてくれた「主の祈り」をはじめ、教会の伝統の中で伝えられてきた、決まった言葉の祈りがあります。決まった言葉の祈りは私たちの視野を広げ、自分の思いを超えた世界と私たちをつなげてくれる道なのだと言えるでしょう。聖人の記念日にあたり目黒教会に関わる遠い先輩を思い越し、私たちの信仰生活をその祈りにゆだねたいと思います。
協力司祭  高木健次  

TOPへ


今月の予定


一粒会献金   7月 1日(日)
 今月は1日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
神学生養成のためのロザリオの祈り   7月 1日(日)
 9時20分より聖堂にて。
 毎月第1日曜日10時のミサの前に神学生養成・召命祈願のためのロザリオの祈りを致します。
先唱者とりまとめ:オリーブの会  
病者と共に捧げるミサ   7月 7日(土)
 毎月第1土曜日、11:00から小聖堂にて
 教会にいらっしゃることが困難な方でミサへの参加を希望される方は教会事務所までご相談ください。
地域とのふれあい 納涼☆ビアパーティー   7月22日(日)
 7月22日(日)5時ミサ後、
 司祭館中庭にて。
 会費:1,200円、子ども600円
 地域の皆様をお誘いして楽しいパーティーを計画中です。
皆様お誘い合わせの上ご参加ください。 
前売り割引のチケットを教会事務所、コーヒーサンデーの会場で販売します。なお、準備は有志で行います。
    
TOPへ


ご報告

 
初聖体おめでとう
 6月10日、10時のミサの中で4名が初聖体のお恵みをいただきました。

TOPへ


その他

教皇の声
 フランシスコ教皇様は、インターネット上で毎日ツイート(つぶやき)をされています。これを見ることにより教皇様のお考えや思いに触れることができます。ここにいくつか載せますが、中央協議会のホームページに和訳が載りますので、皆様ぜひご覧になってください。 主任司祭
 
 聖体は、イエスのことばと行いの「風味」、その死と復活の「味わい」、その霊の「香り」をすべて内包しています。(5月31日)

 今日、ロシアで始まるサッカーワールドカップの出場選手と、応援するすべての皆さまに、心からのごあいさつを申し上げます。このスポーツイベントが出会いと友情の絶好の機会となりますように。(6月15日)

 自分たちの場に聖霊を招き、行動する前に聖霊を願い求めましょう。「聖霊来てください」。(6月16日)

 市民であるか、移民であるか、難民であるかに、一人の人間の尊厳は左右されません。戦争や貧困から逃れた人のいのちを救うことは、人間として当然の行いです。(6月20日)
港・品川宣教協力体合同堅信式
 10月21日(日)菊池大司教司式のもと目黒教会の10時のミサでおこなわれます。すでに中高生の該当者、成人で2014年以降受洗の該当者にはご案内を送付いたしました。その他の希望者は聖堂うしろに申込用紙を用意しました。7月29日までに必要欄をすべて記入の上、主任司祭または事務所にご提出ください。締切日厳守です。
C地区の皆様へお知らせ
 来る7月7日(土)はC地区による聖堂掃除を行います。多くの皆様のご協力をお願い申し上げます。
日時:7月7日(土)9:30より
C地区委員  
オリーブの会よりお知らせ
 病人・高齢者の訪問
  「オリーブの会」では、病気や高齢のため教会に来られない方の訪問・お便りによる交流をしています。ご希望があればご聖体もおもちします。教会事務所までご連絡ください。交通費などのお心遣いは必要ございません。
権之助坂商店街盆踊り大会に出店します
 7月29日(日)地域のふれあい第35回盆踊り大会に、今年もフランクフルトソーセージの模擬店を出店します。
場所は、目黒駅西口久米ビルの前あたり、12時くらいには開店できると思いますのでミサのお帰りにお立ち寄りください。準備・運営は有志で行います。
東日本震災支援プロジェクトより 福島やさい畑 復興プロジェクト
 次回の野菜販売は7月15日(日)8:30から
 ご協力よろしくお願いいたします

受洗 転入
結婚 2組 転出
帰天   住所・その他変更 5件
詳細は、お知らせ7月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2018年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
2017年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2016年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2015年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2014年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2013年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2012年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2011年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2010年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号