活動グループ

活動の予定、内容などをご紹介します。

2017年7月1日更新
聖堂清掃グループ

 7月の日程は下記のとおりです。
 1日(土)9:30~
 8日(土)9:30~
 15日(土)9:30~
 19日(水)16:00~
 29日(土)9:30~
 1日(土)はA地区の担当、8日(土)は英語ミサ共同体の担当です。15日(土)、19日(水)、29日(土)は有志の方にお願いいたします。皆様のご協力をお待ちしております。
納骨堂清掃

 毎月第3日曜日10時のミサ後、納骨堂の掃除を行っています。7月は16日(日)に行います。連休中ですが、ご協力宜しくお願い
コーヒーサンデー

 7月2日(日)、16日(日)10時のミサ後、メリーホールへどうぞ。コーヒー、紅茶、ジュース、手作りケーキを用意してお待ちしております。
結婚式案内係

  


図書グループ

図書グループより本のご案内
 1.『ふしぎなキリスト教』 
     橋本大三郎 大澤真幸/著
              講談社現代新書
 新書大賞、第1位、30万部の帯を目にし、本屋で手に取られた方もいらっしゃるでしょう。作家で大学教授の高橋源一郎氏は“読んだだけでキリスト教が理解できたような気がする他に例のない本”。脳学者の茂木健一郎氏は“判ったつもりの近代の底にあった、誰も知らないキリスト教だ”。とコメントを寄せています。橋本、大澤両氏の対談により一神教の思考方法、西洋を作ったキリスト教、キリスト教文明のゆくえに至るまで話題になります。

 2.『イエス・キリストを思い起こしてください』
        ラニエロ・カンタラメッサ/著
      金子知香子、高木利彦/訳 
                 サンパウロ
 現代におけるキリストに対する信仰についての現状と、キリストに対する信仰において神のみ言葉が私たちに示唆している救済について書かれた本です。キリストに対するヨハネの信仰とパウロの信仰が私たちに語りかけてくるものを黙想できるような内容になっています。2005年の待降節、2006年の四旬節に行われたローマ教皇庁の黙想会の説教集です。

 3.『ユダヤとは何か。聖地エルサレムへ』
    penbooks 阪急コミュニケーションズ
 昨年は『キリスト教とは何か。Ⅰ西洋美術で読み解く聖書の世界』『キリスト教とは何か。Ⅱもっと知りたい文化と歴史』を図書室に備えましたが、同じシリーズの中の一冊です。旧約聖書の理解が深まる上にユダヤの歴史、文化、ヘブライ語まで触れることができます。

 図書室の本は2週間借りられます。借りるときは、「貸し出しノート」に名前と電話番号、本のタイトルと借りる日付を記入してください。また返却する際には返却した日付を記してください。
典礼聖歌グループ

 8月の平和旬間のための歌の練習を致しますので聖歌グループとご一緒に歌ってくださる方を募集します。
練習日7月9日、7月16日いずれも10時ミサ後。詳細は聖歌グループ安場までお問い合せください。
日曜学校

 6月の日曜学校は、11日、18日、25日です。今年は2年生4人が初聖体を受けます。上級生は自分の時のことを思い出しながら、ミサにあずかることでしょう。 あの日の大きな喜びが、4人のお友達にもやってきます。 ご聖体に強められて、私たちには何ができるでしょうか。 おうちの人や、学校のお友達にとって大切なみなさん、いつも喜んでいましょう。
照明・音響係り
7月担当表
 
祭壇奉仕
7月担当表